採用情報

各部門紹介

各部門紹介

ユニシスの各部門紹介をいたします。

総務部・業務支援グループ
経理、人事など、会社の運営全般に関わる事務。また、雇用関連の窓口業務も行っています。
工場の運営全般に関わる事務。工場内の経理・人事などの総務事務。パート従業員の採用業務も担当しています。
海外営業部
海外営業部は現在、営業をつかさどる海外営業課と船積みなどの事務処理を行う貿易業務課に分けらます。海外営業部は顧客の窓口として客先に対する営業活動・納期調整・価格交渉などを行い約40カ国の国々に対して営業を行っています。2008年よりドイツにおいて世界最大の医療機器見本市(MEDICA)に参加しさらなる営業活動を展開しています。また、貿易業務課は貿易において最も重要な船積み書類の作成や各種取引書類の作成、工場との出荷調整・銀行や運輸会社との交渉などをおこなっています。
国内営業部
国内のディーラーやメーカーへの販売業務。同時に、直接ドクターや病院に対する販売活動も行っています。また、学会への参加や、新たな市場発掘。ドクターとの共同研究の際の研究開発部との橋渡しなども行っています。
医療情報部
製品関連の安全情報の収集や関連情報の収集などが主な業務です。
同時に、急を要する問題などの窓口を兼ねています。
生産管理部・物流管理部
生産計画の立案と現場への製造指示。営業の要請にあわせた納期の設定など、製造現場や協力会社との調整を業務としています。また部品の購入や価格交渉、在庫管理や出荷管理も担当しています。
品質保証部
品質保証部は工場内の製品品質の維持管理に努める品質管理課、QMSやISOなどの維持管理や薬事申請など主に行政対応の窓口である薬事課、購入部品や委託製造された部品や完成品の検査・試験を行う試験検査課の3課にわかれています。クレーム発生時の対応や、工場内での品質トラブルの予防・解決などユニシスの品質維持管理を主な業務としています。
国内・海外顧客との薬事・品質関連の窓口。クレーム関連の処理や情報収集なども扱っています。
設計部・研究評価部
基礎研究課は新しい技術の実証や製品評価、物性検査、産学協同の推進を主な業務としています。設計課は図面の管理、新製品の開発、既存製品の改良・改善。また開発における統括業務を担当しています。
生産技術部・設備技術部
仕事内容がもっとも多彩な部署。生産ラインの設計や各種設備の導入。製品品質の向上や作業者の教育。また、コスト削減のための各種の改善活動を行っています。衛生環境の向上や工場設備の保全も重要な業務となっています。
カヌラ製造部
素管(カニューレ)部分の研削加工・洗浄処理が主な業務です。針先の加工作業には細心の注意と熟練が要求されます。
製品によって針の製造方法や工程が異なるため、この部署はいくつかの課に分かれています
組立製造部
組立製造部はクリーンルームという埃や塵を除去した特別な部屋での作業となります。社員も作業者もクリーンウェアという頭から足元まで素肌が露出しないような特別な服を着ての作業となります。毛髪や汚れがつかないように清潔な環境で、針を一本ずつ手作りしていきます。 手作りになるのは、多品種少量生産のため自動化がすすまないためです。ですから、部門としてもっとも多く作業者が所属しています。ユニシスではセル生産方式を取り入れ可能な限りの効率化をはかっています。社員の仕事は、作業者(パート従業員)の製造指導・人的管理・工程管理をおこなっています。
包装滅菌部
包装滅菌部は物流/滅菌センターの設立にしたがい組立製造部より独立しました。主な業務は製品を滅菌袋やソフトブリスターといった包装材にパックし、さらにEOG滅菌により製品を無菌状態にすることです。
包装エリアは組立製造部と同等のクリーンルーム内で作業し、製品にゴミなど付着しないように注意しています。