品質保証について

ユニシスは、世界に向けて安全で高品質な製品と信頼されるサービスを提供します。

品質方針

ユニシスは、世界に向けて安全で高品質な製品と信頼されるサービスを提供します。

行動指針

最高品質の製品とは、品質・コスト・納期の3要素の全てにおいて顧客を満足させるものでなくてはならない。
そのために適切な品質マネジメントシステムを構築し、顧客の要求に応じて常に継続的改善を実施できるよう最大限の努力を行うものとする。
以下にその具体的な方針として3点を挙げる。

I )
特殊針の専門メーカーとして、専門的かつ技術的にお客様の満足と信頼が得られる製品を提供します。
II )
「JAPAN QUALITY」を念頭において、品質の維持管理に努めて最高品質の製品をお客様にお届けします。
III )
QUALITY・COST・DELIVERYの3つのバランスを常に意識して企業活動を行います。
IV )
品質マネジメントシステムを常に最新のものへと改善し、有効かつ効果的なシステムとして維持していきます。
V )
ユニシスを支えてくれる全ての人々(ドクター、顧客、協力企業)と共に品質の維持発展を続けていきます。
VI )
法令を遵守し、品質の維持と向上のために必要と思われる環境(人材・資源・組織・教育)を整えます。その成果を毎年レヴューして継続的な品質の発展に尽くします。

上記の行動指針を達成するために全部門・全社員にこの品質方針を理解させ、全社一丸となってその実現に努力します。
私は、会社の代表としてこの品質方針を確実に達成することをここに宣言します。

株式会社ユニシス
代表取締役社長 齋藤英也

品質方針

許可・認証取得履歴

1989.10
(H元年)
輸入販売業許可取得((東用輸)第0622号)
1994.02
(H6年)
医療用具製造業許可取得(11BZ0588:於越谷工場)
1995.11
(H7年)
GMP(日本)取得
1996.09
(H8年)
FDA登録(米国:No.9014974)
1997.06
(H9年)
ISO9002/ISO13488認証取得(TUV Rheinland)
1999.01
(H11年)
動物医療用具製造業許可取得(16療製第344号:於越谷工場)
2003.06
(H15年)
ISO9001/ISO13488認証取得(TUV Rheinland)
2004.01
(H16年)
医療用具製造業許可取得(11BZ6041:於埼玉工場)
動物医療用具製造業許可取得(16療製第457号:於埼玉工場)
2004.07
(H16年)
ISO9001/ISO13485認証取得(TUV Rheinland)
2005.12
(H17年)
CEマーク(欧州)認証取得(TUV Rheinland)
2009/07
(H21年)
医療機器製造業許可取得
(11BZ200120:於物流/滅菌センター)
2010.05
(H22年)
スパイナル針クラスIII対応に従うCEマーク再取得
2011.10
(H23年)
ISO9001/ISO13485認証 登録認証機関の変更(SGS)
2012.05
(H24年)
CEマーク(欧州)認証 登録認証機関の変更(SGS)
2014.10
(H26年)
スパイナル針 米FDA 510(k)クリアランス取得
2015.01
(H27年)
硬膜外麻酔針/神経ブロック針 米FDA 510(k)クリアランス取得